2009年2月21日土曜日

Zend Server 4.0をWindowsVistaにインストールしてみる

Zend Server4.0 がベータ版で登場……ということで試しにインストールすることにしてみた。

とりあえず、手順的には以下のような感じ。

1.ダウンロードページからファイルを取得、実行してインストーラーを走らせる。
2.説明を適当に流して「Next」


3.ライセンス情報が表示されるので、同意できるようならAcceptにチェックして「Next」


4.インストールタイプを聞いてくるのでチェックして「Next」
今回は、[Custom]を選択して、入れるパッケージを選んでいます。

理由は、MySQLとかも使いたいから。
XAMMPも入っているPCなので不必要なのだけれどね……

チェックを入れたのは以下のような感じ。


5.使うWebサーバーの種類を尋ねてきているわけですが、IISは入っていないので強制的にApacheを選択させられます。
ついでにインストール場所も聞かれるので、場所を「C:\Zend」にしておきます。
これはデフォルトのままだとUACが邪魔して何もできなくなるからです。


6.HTTPのポートを聞かれるのでデフォルトのままで「Next」。
XAMMPとかがインストール済みでサービスとして動いている場合は変更しないと駄目。

ちなみに私の場合は、XAMMPも入れているけれどサービスとしては登録していないので、起動していなければぶつからないからいいや……という理由からデフォルトのままです

7.内容確認だけなので「Next」でインストール開始。




8.HTTPのポート開けて良い?ってWindowsからお伺いがくるのでここは許可しておく。


9.デスクトップにアイコンとかおきます?見たいなのが来るので、好き好きに。


さて、これで完了するとブラウザが開くのですが、Internal Server Error とか表示された人は、ここからの手順をやってください。

インストールした場所は C:\Zend と仮定します。
まず、Cドライブ直下に、TEMPフォルダを作成する。

次に、C:\Zend\ZendServer\etc に移動。
ZendEnablerConf.xml をエディタで開いて編集。

11行目の一時フォルダ(TEMP)の設定部分を以下のようにする。
<variable name="TEMP" value="C:\Temp">

保存したら、ApacheのRestart。これはタスクトレイのアイコンから実行できる。

これでOKかと。

どうも、ユーザー名に日本語が含まれるとNGらしい。

参考までに。

0 件のコメント: