2008年12月28日日曜日

CentOS 5の最小化構成

サイトの再構築やってるわけですが、何気に「CentOS 5 の最小化構成」は人気がある記事らしく、あちこちでブックマークやら記事に張り付いていたりしていた模様。

そのことは別にいいんですが、アレって仕事場でサーバー立てるときの基本にしているんですが、一般的には余分なもの多いです。
というのも、Apache、PostgreSQLかMySQL、PHPとかJavaとか入れるのが前提なので、余分に入れておかないと、いろんなものを再インストールすることになるからなのです。
まぁ、他は依存で落ちないのとか、使うかなー?見たいなのも入れてるんで、何気に多い……

本気の最小化はDNSとかメールの専用サーバー立てるときにやるけれど、最近は全部ホスティング任せになっているから不要なんだよなぁ。

ま、どうでもいい話。

ついでに、rpm -e を避けて、何故かyum eraseを使って消していた人がいましたが、アレって作業が増えるだけで無意味。
yumは、rpmのDBを直接見ていたような気がする……キャッシュが気になるというなら、yum clean を最後にやればいいような……いや、まぁ、好みですが。

0 件のコメント: