2009年11月3日火曜日

Android SDKと日本語ユーザー名の落とし穴

ここ最近、日本語ユーザー名でハマったことが無かったから油断してた……

というわけで、ひっそりとAndroid SDK を使った開発を始めようとしているわけですが、ひさーしぶりに日本語ユーザー名の罠に嵌った。

現象をまとめると、まず、Windows Vistaのユーザー名は【六望 風】としています。
次に、Android SDK で作られる AVD(Android Virtual Device)の各種情報が、C:\User\六望 風\.android 配下に作成されます。

ちうわけで、EclipseにインストールしたADTから、AVDを起動するときにパス情報が文字化けして読み込めないというエラーが……
-verbose オプションつけて実行してようやく原因がわかったというね……
つーか、設定ファイルの場所を変更するオプションは無いんですか……
無いんですね。はい。

ということで、回避する方法ですが、 .android\avd にある .ini ファイルの中身を修正するのが手っ取り早いです。
.android\avd のフォルダを、名称が英語のみのフォルダにコピー……android SDK を展開したフォルダがお勧め。
次に、 .ini をエディタで開いて、

path=C:\Users\六望 風\.android\avd\HT03A_OS1_6_AVD.avd

path=C:\(フォルダ)\.android\avd\HT03A_OS1_6_AVD.avd

と変更。ユーザー名は各人のものになるかと。

こうすれば何とか実行可能になります。
AVD を追加するたびにこの作業が発生するので面倒なのですが……Google様が修正してくれるのを待ちましょう。

つーか、こんなことに1時間近く悩まされたとはorz

0 件のコメント: